空室補償商品のご紹介

既存の賃貸住宅向け空室補償 堅実大家さん/家賃収入補償率80% ※評価額ベース

堅実大家さん その戸建賃貸、1戸から補償します!戸建賃貸専用の空室補償

「堅実大家さん」は、一括借り上げではなく、家賃収入が補償額を下回った場合にその差額を「給付金」としてお支払いする家賃補償システムです。賃貸経営における最大のリスクである「空室による収入低下」の不安を解消し、安心の賃貸経営をサポートいたします。

こんな賃貸経営のお悩みを解決!

  • 年々、入居率が下がり家賃収入が減っている…。
  • 長期間、決まらない部屋があるが、どうすれば決まるのか分からない…。
  • 自主管理で運営してきたが、正直面倒になってきた…。
  • リノベーションが流行っているようだが、どこに頼めばよいのか分からない…。

特徴1:僅かな補償料で家賃の80%を補償!

既存物件でも家賃の80%を補償!家賃収入が安定して安心です。

給付金のお支払い部分/実際の家賃収入 グラフ

特徴2:既存賃貸物件の空室対策に!

「入居者が決まらないから単純に家賃を下げる。」というのは、賃貸経営上は正しくありません。なぜ決まらないのかが分からないと、単に収益を悪化させるだけです。当機構では、管理会社様と連携しながら、次の流れで空室対策を行います。

  1. 立地特性、建物の状態、管理状況など現在の物件にまつわる状況を洗い出します。
  2. 周辺事例の調査、また周辺不動産業者へのヒアリングを行います。
  3. 調査した結果を元に、決まらない原因を特定します。
  4. 決まらない原因に対して有効な入居促進対策を講じて実行に移します。

特徴3:サブリースより高収益!

最大の特徴は、サブリースとは違い補償額以上の家賃と家賃以外の収入(敷金・礼金・更新料)もオーナー様の収入となる収益性の高さです。

また、管理会社の指定や将来的な修繕工事の義務がないなど、余計な縛りがない家賃補償であることもオーナー様にとって大きなメリットです。

全賃機構の空室補償/一般的なサブリース 比較グラフ

給付金のお支払い例

物件概要 2LDKタイプが総⼾数9⼾、築18年の賃貸マンション。
査定結果 評価家賃7万円/⼾、評価家賃合計額63万円、補償額50万4,000円
空室状況 補償開始後に3⼾が1ヶ⽉間空室となった場合
給費金のお支払い例サンプル画像

※実際の計算は日割り家賃等を考慮しますので異なる場合があります。

堅実大家さん 補償概要

対象物件
  • 総⼾数5⼾以上の既存賃貸マンション、アパート
    (専有面積20㎡以上の住⼾)
  • 貸家(一戸建て)
補償率 評価家賃合計額の80%
補償料率
  • 賃貸マンション、アパート:評価家賃合計額の5%
  • 貸家(一戸建て):評価家賃合計額の10%
入居者募集条件
  • 引受審査において、補償条件と合わせて⼊居者募集条件を提⽰します。(家賃、共益費、敷⾦、礼⾦、更新料、広告宣伝費等)
  • 補償開始後、新たに⼊れ替えが発⽣した際の募集条件は、当機構が決定いたします。
補償開始日 契約手続き完了日から4ヶ月目の1日
リフォーム工事
  • 建物の不具合(劣化・破損等)が⽬⽴つ場合は、引受審査において⼀定のリフォーム、修繕⼯事が補償の引受け条件となる場合があります。
  • 付加価値が上がるリノベーション⼯事を実施する住⼾は割⾼査定します。
補償契約期間 2年毎の⾃動更新制

※「評価家賃」とは、当機構が査定する募集家賃相当額で、補償額や補償料算出の基となります。

堅実大家さん 補償開始までの流れ

  1. 1.物件審査家賃査定

    1.物件審査家賃査定

    オーナー様の物件をいくらで補償できるのか、補償内容・条件を査定し、評価書を提出いたします。

  2. 2.補償内容のご説明

    2.補償内容のご説明

    当機構の代理店、⼜は当機構スタッフから査定結果と補償内容をご説明いたします。

  3. 3.補償契約のお申込み手続き

    3.補償契約のお申込み手続き

    当機構スタッフが訪問し、契約⼿続きを⾏います。

  4. 4.補償開始※

    4.補償開始

    契約申込⼿続き完了後、当機構が指定する条件で募集開始から4ヶ⽉⽬の1⽇より補償開始されます。(※査定結果により異なる場合があります。)

堅実大家さん 安心のアフターフォロー

補償のみならず、長期安定経営に必要な以下内容をサポートいたします。

  • 季刊情報誌「オーナー通信」の発⾏
  • 専属の⼀級建築⼠による建物点検
  • リフォーム、リノベーションのご相談
  • 税⾦、相続対策、新築計画など、賃貸経営に関するご相談をいつでもお受けいたします。
  • リフォーム履歴お預かりサービス

リフォーム履歴お預かりサービスとは?

管理会社様からのご報告を元に、入居者入替時の原状回復・リフォーム工事や共用部分の改修補修工事など不定期に発生する様々なリフォーム工事情報を、写真データを中心に当機構がお預かりし「リフォーム履歴書」として管理し、ご要望に応じオーナー様にお出しするサービスです。

どんな時に「リフォーム履歴書」を活用するか?
入居者の退去時などで室内リフォームを検討する場合
将来的な共用部分の補修工事、大規模改修工事に備えて
物件売却時の必須書類として(※売却時には建物の修繕履歴が必須)など

無料/ご希望の物件の空室補償額を査定します!

「私のアパートは補償対象になるのか?」「毎月いくらまで補償してくれるのか?」ご希望の物件の実際の空室補償額を無料で査定いたします。審査期間は1週間です。査定結果を「補償評価書」としてオーナー様に提出いたします。

空室発生時の補償額を無料査定中!/補償額無料査定
Page Top