既存マンション・アパートのオーナー様のための収入補填型・空室補償制度「堅実大家さん」

ホーム > 空室保証サービスラインナップ > 堅実大家さん

空室が増えてきた。今後の賃貸経営に不安を感じるオーナー様へ

既存アパマンの家賃収⼊を安定させる空室補償制度 堅実大家さん

確実な⼊居が⾒込める家賃を査定し、その80%を補償する制度です。 ・家賃収入80%補償 ・空室対策 ・サブリースより高収益、安心のAクラス補償 ・自己年金の確保

万が⼀の空室による収⼊低下に備える安⼼の空室補償。堅実大家さんが⻑期間にわたり安定した賃貸経営をサポート!

  1. 特徴1 「賃貸経営の安定化」と「自己年金の確保」

    ⽼後の⼤事な⽣活資⾦の⼀部となる⾃⼰年⾦の確保に、安定した家賃収⼊の確保は⽋かせません。そしてその障壁となる空室の増加は、建物の経年劣化だけではなく、「現在の賃貸市場ニーズ」と物件の「⼊居者募集条件(家賃・募集条件の設定、募集⽅法等)」のミスマッチングが原因です。

    こんな事で
    お悩みの
    既存アパマン
    オーナー様へ

    • ・なかなか空室が埋まらない。募集家賃が⾼いのか?いくらで募集すべきか?
    • 安定した家賃収⼊を確保するために何をすべきか?
    • ・メンテナンスするべきか?どこをリフォームすべきか?
    • ・建て替えるべきか?まだその必要はないか?
    • ・周りに増えてきた新築物件に対抗するために、どうするべきか?

    堅実大家さんにお任せください!

    ・空室補償で「評価家賃の80%で家賃収入が安定する」ので安心です! ・空室補償に加えて、空室が埋まる「入居促進対策」もご提案。ダブルで安心です!

  2. 特徴2 空室補償は、「収入補填額」の家賃補償システム

    思わぬ空室の発⽣により、⼀棟全体の総家賃収⼊が80%を下回った場合に、補償額と実家賃収⼊の差額を「給付⾦」として、翌⽉末にお⽀払いたします。⽉々わずかな補償料で家賃収⼊の80%を担保できる、安⼼の家賃補償システムです。

    家賃補償システム 図解

    補償額と実家賃収入の”差額”を、”給付金”として翌月末にお支払いします。

  3. 特徴3 「堅実家主さん」4大メリット

    オーナー様へ充実のサポート

    • 安心の80%補償

      家賃収入が80%を下回った場合に、
      実家賃収入と補償額の差額を
      給付金として翌月末にお支払いします。

    • 空室対策もお任せください!

      空室補償と合わせて空室を
      埋めるための具体的な入居促進対策
      ご提案いたします。

    • サブリースよりも高い収益性

      家賃以外の収入も
      すべてオーナー様の収入になります。
      (共益費、敷金・礼金、更新料等)

    • 補償は安心のAクラス

      当補償は、格付けAクラス以上の
      優良な海外再保険会社
      との再保険により
      リスクヘッジされています。

  4. 特徴4 「堅実大家さん」補償概要

    対象物件 ・総⼾数5⼾以上の既存賃貸マンション、アパート
    ・原則的に1⼾あたり20㎡以上の住⼾
    補償率 評価家賃合計額の80%
    補償料率 評価家賃合計額の5%
    入居者募集条件 ・引受審査において、補償条件と合わせて⼊居者募集条件を提⽰します。
    (家賃、共益費、敷⾦、礼⾦、更新料、広告宣伝費等)
    ・補償開始後、新たに⼊れ替えが発⽣した際の募集条件は、当機構が決定いたします。
    補償開始日 契約申込後、当機構が指定する新たな募集条件による募集開始⽇から4ヶ⽉⽬の1⽇
    ※補償開始⽇までの期間は、補償料は発⽣しません。
    リフォーム工事 ・建物の不具合(劣化・破損等)が⽬⽴つ場合は、引受審査において⼀定のリフォーム、修繕⼯事が補償の引受け条件となる場合があります。
    ・付加価値が上がるリノベーション⼯事を実施する住⼾は割⾼査定します。
    補償契約期間 2年毎の⾃動更新制
    ※万が⼀、補償条件が⼀部変更となる場合は、事前に通知。
    契約時諸費用 ⼊会⾦1万円、登録事務費5万円

    ※「評価家賃」とは、当機構が査定する募集家賃相当額で、補償額や補償料算出の基となります。


給付金のお支払い例

  • 【物件概要】2LDKタイプが総⼾数9⼾、築18年の賃貸マンション。
  • 【査定結果】評価家賃7万円/⼾、評価家賃合計額63万円、補償額50万4,000円
  • 【空室状況】補償開始後に3⼾が1ヶ⽉間空室となった場合
給付金のお支払い例 図解

※実際の計算は日割り家賃等を考慮しますので異なる場合があります。


補償開始までの流れ

  1. 1.物件審査家賃査定 イメージ

    1.物件審査家賃査定

    オーナー様の物件をいくらで補償できるのか、補償内容・条件を査定し、評価書を提出いたします。

  2. 2.補償内容のご説明 イメージ

    2.補償内容のご説明

    当機構の代理店、⼜は当機構スタッフから査定結果と補償内容をご説明いたします。

  3. 3.補償契約のお申込み手続き イメージ

    3.補償契約のお申込み手続き

    当機構スタッフが訪問し、契約⼿続きを⾏います。

  4. 4.補償開始※ イメージ

    4.補償開始

    契約申込⼿続き完了後、当機構が指定する条件で募集開始から4ヶ⽉⽬の1⽇より補償開始されます。
    ※査定結果により異なる場合があります。


安心のアフターフォロー

  • ・季刊情報誌「オーナー通信」の発⾏
  • ・専属の⼀級建築⼠による建物点検
  • ・リフォーム、リノベーションのご相談
  • ・税⾦、相続対策、新築計画など、賃貸経営に関するご相談をいつでもお受けいたします。

私のアパマンは「いくらで補償されるのか?」
補償額が気になるオーナー様は、以下の窓⼝まで、お気軽にお問合せ下さい。
無料の家賃査定で、補償額を査定いたします。

お問い合わせはこちら

ページトップへ