空室補償商品のご紹介

リノベーション物件向け空室補償 リライブNEXT/家賃収入補償率80% ※評価額ベース

リライブNEXT リノベーション賃貸物件専用の空室補償

「リライブNEXT」はわずかな補償料で、リフォーム済み住戸を1戸から補償できる安心の空室補償制度です。再び魅力ある物件にリフォーム&リノベーションすることで、収益性の向上、入居率回復も可能に。

補償例

  • 賃貸マンション一棟のうち、空室の5戸にリノベーション工事を実施。
  • 評価家賃:6万円/戸、評価家賃合計額:30万円、補償額24万円(30万円×80%)、補償料1.5万円 (30万円×5%)という査定結果だった場合
給付金のお支払い部分/実際の家賃収入 グラフ

3戸が1ヶ月間空室になった場合

  • 補償額:24万円(30万円×80%)
  • 実家賃収入額:12万円(6万円×2戸)
  • →12万円を給付金としてお支払い!(補償額24万円―実家賃収入12万円)

リライブNEXT 補償概要

補償戸数 1戸から4戸まで 5戸以上
補償対象物件
  • バリューアップを目的にリノベーション工事を実施する賃貸マンションの各住戸
  • 専有面積20㎡以上の住戸(区分所有の分譲賃貸マンションは不可)
補償率 評価家賃合計額の80%
補償料率 評価家賃総額の10% 評価家賃総額の5%
補償開始日 リノべーション工事完了日から4ヶ月目の1日
補償年数 2年毎の自動更新制

リライブNEXT 4つの安心

  1. 1.サブリースよりも高い収益性

    1.サブリースよりも高い収益性

    敷金・礼金・更新料などは全てオーナー様の収入で、サブリースよりも高収益!

  2. 2.一戸から補償可能

    2.一戸から補償可能

    1戸から補償可能!後から追加もできるので一気に工事する必要がありません!

  3. 3.補償は安心のAクラス

    3.補償は安心のAクラス

    格付けAクラス以上の再保険会社に再保険をかけてリスクヘッジ!

  4. 4.安心の80%補償

    4.安心の80%補償

    安心の80%補償でリノベーション後の空室不安、投資不安を解消!

無料/ご希望の物件の空室補償額を査定します!

「私のアパートは補償対象になるのか?」「毎月いくらまで補償してくれるのか?」ご希望の物件の実際の空室補償額を無料で査定いたします。審査期間は1週間です。査定結果を「補償評価書」としてオーナー様に提出いたします。

空室発生時の補償額を無料査定中!/補償額無料査定
Page Top