収益確定型・賃貸リノベーション「リライブ」

ホーム > 空室保証サービスラインナップ > 賃貸再生「リライブ」

入居率、家賃の下がってきた賃貸住宅を1戸室から再生する 賃貸再生

リノベーションで入居率・家賃収入アップ!

賃貸経営を取り巻く環境が厳しさを増すなか、築年数の古い物件は、家賃を下げなければ入居者の獲得が難しくなってきています。しかし建物も人間の体と同じように適切な調査を行い、適切な措置(リノベーション)を施せば、元気を取り戻し、入居者を獲得してくれる魅力的な物件に生まれ変わります。
ただ、「何を直せばいいのかわからない」、「本当に家賃を下げずに入居者を確保できるのか」といった不安のため、リノベーションに踏み切れないオーナー様も多いと思います。そうした不安を解消し、賃貸物件の再生を図るリノベーションシステムが収益確定型・賃貸リノベーション「Re-Live」です。

リライブの賃貸再生システムとは?

物件の調査分析と経営診断、診断結果に基づくリノベーション工事、そして収益性を担保する
空室補償と3つの側面から、オーナー様の賃貸再生と長期安定経営を強力にサポートいたします。

リライブの賃貸再生システムの各ステップ

家賃収入の比較

【物件例】東京都目黒区・築25年・40㎡(2DK)・家賃10万円の賃貸マンション

【物件例】東京都目黒区・築25年・40㎡(2DK)・家賃10万円の賃貸マンション野場合の比較例

なぜ空室が続くのか?その原因を徹底調査します!

安易な家賃の値下げや簡易なリフォームをするだけでは、収入が増加するとは限りません。「Re-Live」では、賃貸住宅市場を徹底調査し、その建物が抱える問題点を洗い出し、賃貸住宅経営の視点で空室問題の解決策を「市場調査報告書」「物件診断カルテ」にまとめます。

  • 市場調査
  • 建物診断

入居率&家賃アップできる人気のデザインをご提案!

賃貸リノベーション工事に豊富な実績のある業者が施工。賃貸住宅の入居付けにとって必要で個性的なデザインの工事を行ってもらいます。

90%補償がリノベーション後の空室不安を解消!

リノベーション後の適正な家賃(共益費を含む)を査定して評価家賃として算出し、評価家賃の合計額の90%を補償額とします。補償開始後の家賃収入額が補償額を下回った場合、その差額を「給付金」としてお支払いします。

保証内容

保証率 評価家賃合計額の90%
保証料 保証戸数1戸~4戸 評価家賃合計額の10%〜6%
保証戸数5戸以上 評価家賃合計額の5%
保証開始までの
待機期間
最短1カ月~最長3カ月(工事完了日の翌月1日を起算日とします)
→最短で工事完了の翌々月1日から補償がスタート!
保証期間 最長10年間

諸費用

入会金 1万円/1オーナー様
審査登録料 2万円/戸
システム管理料 500円/月

給付金の支払のイメージ

10戸のマンションのうち、4戸をリノベーションした場合
※リノベーション後の評価家賃:130,000円/戸

10戸のマンションのうち、4戸をリノベーションした場合の給付金の支払のイメージ
〈注意事項〉
・評価家賃は給付金のお支払状況により2年毎に見直す場合があります。
・空室補償には一定の事項に該当した場合給付金をお支払いできない免責事項の定めがあります。
・リノベーション完了後の募集家賃は評価家賃が上限となります。

4つの安心

  • 1.サブリースよりも 高い収益性
  • 2.1戸から補償可能
  • 3.補償は安心のAクラス
  • 4.安心の90%補償

当機構では、本制度の趣旨に賛同し賃貸物件のリノベーション・再生事業の普及促進を目指す
会員企業様(代理店)を募集しております。

  • 会員募集要項はこちら
  • お問い合わせはこちら

ページトップへ