空室保証は安心の再保険

ホーム > 空室保証は安心の再保険

空室保証は安心の再保険

賃貸経営はローリスクで

サブリースの場合、契約賃料の減額請求を求められたり、サブリース会社の破綻の可能性もあります。サブリース会社が破綻した場合、約束した保証が反故になるケースが多く、敷金などの入居者からの預かり金も、入居者が退去する場合にオーナー様に返還義務が課せられるリスクがあります。

これでは安心して賃貸経営をすることができません。全賃機構ではこのようなリスクに備えて再保険をご用意しています。

安心の格付けAクラスの再保険

(社)全賃機構では、お預かりした掛金の一部を、格付けAクラス以上の海外再保険会社に再保険を掛け、万が一の支払いをリスクヘッジしています。

安心の格付けAクラスの再保険の解説図
  • ※ムーディーズ、S&P等の格付け機関により、Aクラス以上の優良な格付けを受けた海外の再保険会社に再保険を掛けています。
  • ※再保険会社は、経済情勢等により変更となる場合があります。

ページトップへ