賃貸経営なら空室保証

ホーム > 賃貸経営なら空室保証

賃貸経営なら空室保証

全賃機構の空室保証は家賃以外の収入項目の全額がオーナー様の収入になるため、サブリースよりも収益面で大きなメリットがあります。

家賃保証率が80%の場合の解説図

長期間安定した賃貸経営を保証

一見同じように見える空室保証とサブリース

サブリースとは長期間サブリース会社が一定の家賃で借り上げ、又貸しする事で家賃収入を保証するサービス。これに対し全賃機構の空室保証は、家賃収入が保証家賃額を下回った場合に、その差額を給付金としてお支払いするサービスです。月々のわずかな掛金で長期間の安心賃貸経営に心強い保証です。左のグラフのように、サブリースと空室保証は家賃収入が同じように見えます。しかし、オーナー様の収益性は全く異なります。

サブリースより遥かに高い収益性の解説図

サブリースより遥かに高い収益性

サブリースでは通常サブリース会社の収入となる「保証額以上の家賃・免責期間中の家賃・敷金・礼金・管理費・更新料」といった項目が、空室保証ではオーナー様の収入となります。

一般的なサブリースとの比較

比較項目 一般的なサブリース(一括借上げ) 空室保証(あんしん家主30の場合)
保証率 75%~90%程度 90%保証:90% / 返済保証:70%
再保険 なし(サブリース会社倒産のリスク) あり(海外Aクラスの再保険会社)
収入面 保証会社の収入 オーナー様の収入
敷金・礼金
共益費(管理費)
更新料
免責期間中の家賃
保証率以上の家賃
運用面 保証会社指定の工事店で施工しない場合は、保証の打ち切り メンテナンス指標に基づき加盟施工会社が定期的にチェック
メンテ・修繕工事

空室保証のデメリットとは

物件の管理(入居者の募集業務や建物メンテナンス)と保証を別々に委託する必要があります。しかし、全賃機構では管理会社と連携して入居状況を確認しますので、お手間はかけません。

空室保証商品の一覧はこちら

サブリース関連コラム:

ページトップへ